So-net無料ブログ作成

ナルト ネタバレ 最新602 確定

ナルト ネタバレ 最新 602 確定 画像 画バレ ネタバレ。

岩の下敷きとなって亡くなったはずのオビトが残った眼をあけると白髪の写輪眼をもつ老人がいた。

オビト(トビ)「ここは・・・?」マダラ「あの世との狭間だ・・・ うちはの者よ」ナルトNARUTO602話が発表前に最新601話「オビトとマダラ」から最新確定ネタバレ(画バレ無)。

火影達五影全員と戦い中のはずのうちはマダラがナルト達のところに出現した。

オビト「穢土転生の術に逆らうとはアンタらしいな」ナルト達は五影と戦闘中のはずのマダラがここに現れたことによって気づく。

怒りをあらわにしながらナルトはマダラにツナデ達五影をどうしたのか聞く。

マダラ「さあなおそらく無事ではあるまいな」と言う。

そして、五影全員が血まみれで倒れている姿がある。

かろうじて息のある火影のツナデが震える手、指先と流れた自分の血液を使って口寄せの術でカツユを呼んだ。

カツユ「すぐに体をくっつけて・・・」上半身と下半身のふたつに切れ今にも死にそうなツナデを治癒しようとするカツユ。

ツナデ「違う、私の半身は後で・・・いい、それより、私の所へ影達を私ならまだ救える・・・」映像がナルト達のところへ行き。

オビトが呪印の鎖を完全に巻ききるよりも先にナルトが八尾の複数の足に刺された杭を抜き、八尾が持ち直す。

オビトがマダラに巨大うちはを渡す「そいつは返す、アンタのだ」ナルトが八尾に刺さった杭を抜くと同時にそれでオビト、マダラに投げつけ攻撃する、マダラが身動きせずにチャクラだけで攻撃を簡単に防ぐ。

マダラ「オビト 八尾と九尾を取りこむ前に中途半端に計画を始めたのか」穢土転生により蘇らせられたマダラがどうしてオビトの計画を知っているのだとマダラとオビトの会話に驚くカカシ達。

カカシ「計画を知っている・・・この二人の関係は」マダラ「あせったなオビト俺をこんな形で復活させたのもそうか」マダラの言葉に無言のオビト、傷が治っていくオビト。

マダラ「まぁオマエのことだ、何か考えがあるんだろうが 今まで何していた、長門はどうした?時を見計らい輪廻転生の術でオレがよみがえるそういう計画だったはずだ」その会話を聞きナルトは長門の外道輪廻転生の術を思い出す。

長門の瞳力は生死を司る術、七人目のペイン外道。

ナルト「長門を利用しようとしていたのか」オビト「奴(長門)は裏切った、輪廻転生の術で里の者どもを」マダラ「どいつもこいつも まあいい 今からでも遅くはない 八尾と九尾はオレが」ナルト「死んだ奴がひっかき回すな!」ナルトはマダラを攻撃しようとするけれど簡単に防がれた。

防御されうちは返しで吹っ飛ばされたナルトの影分身は消えてしまう。

マダラ「俺が残りの尾獣をやるオビトお前はこいつら(カカシ、ガイ)をやれ」カカシ「オビトお前に何があったんだ?どうしてあんなやつと!?」オビトの回想で暗闇の中、岩の下敷きになり自分は死んだと思っていたオビト。

残った眼を開けることができて包帯まみれの自身の前の小さな部屋の中、写輪眼をもつ白髪の老人があった。

若き日のオビト「ここは?」年老いたマダラ「あの世との狭間だ うちはの者よ」ここでナルトの最新601話確定ネタバレが終わり来週の602話へといきます。

最新602話のナルトを取得したら即ネタバレ書きます。


中国 反日デモ 海外の反応 尖閣への漁船1000隻

中国 反日デモ 海外の反応

中国の反日デモに対して、中国政府は締め上げを強くしましたが、漁船を約1000隻を尖閣諸島近海に向かわせています。

反日デモは終息に向かっていくかもしれませんが、漁船1000隻を日本側は物理的に防ぐことが不可能です。

漁船を防ぐ法律もなければ、自衛隊を向かわせることも出来ないので、このままでは尖閣諸島の実効支配が失われる危険がでてきています。

海外の反応は韓国や台湾が特に中国の反日デモや尖閣諸島の終着点を日本と中国がどのようにするのか注目しているようです。
日本側の対応によっては今後の韓国、台湾の反応も変わってくることは明らかですね。

また、中国は今まで、北方領土は日本の領土という態度をとっていましたが、これを転換する可能性が高くなってきています。

尖閣諸島は第二次世界大戦後に沖縄とともにアメリカが占領統治しその後、沖縄とともに日本に返還された経緯もあり、歴史的にも日本固有の領土と日本側は言います。

なのに、中途半端な対応をすれば、同じように日本と領土問題を持つ韓国など海外の反応も変わってくることは確かでしょう。

中国の反日デモにより被害を実際に受けているのは同じ中国人の方々が多いのですから、もはや反日デモというより、反政府デモの様相を呈しています。

その不満を終息させるために尖閣諸島へ漁船を向かわせた中国政府の今後の方向と日本政府の対応、海外の反応にも注目していかないといけませんね。
サプリメントダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。